FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
容疑者じゃない!
2007.10.15 (Mon)
15:31
あききです。

今日は久しぶりに休暇をいただきましたよー。
ちょっと時間があるのでblogを書いてみます。

上期の仕事は忙しくて失敗しちゃったところもありますが、致命的なミスは無かったのでよかったかなぁ。
当たり前にこなして100点を取る気でいたんだけど、なかなかそう言うわけにも行かないですよね~。
一人で仕事しているワケじゃないからねっ。


そんな上期頑張った自分に、服とか靴とかあれこれいろいろプレゼントー♪
満足満足っ。え?いくら使ったのかって??うふふ(ぉ


蒼ちゃが復帰したのでまったりパンヤやってきましたー。
負けらんねぇみなぎりショットで圧倒!(したはず)

071014_003.jpg


071014_004.jpg


2mで微傾斜ならまぁ行けるかな?



で、本題はパンヤとかご褒美じゃなくって





職務質問キターwwwwwww



なぜか家の前で警察から質問攻めに。



それは昨日の20時くらいだったと思います・・・・。


(詳しいことは続きからどうぞ)



【続き...】
某100円ショップに行った帰りの話。
(105円じゃないのかよ!って突っ込みはなしで)


暗い夜道の帰り途中にふと前見ると、うちのアパートの前にパトカーが止まったじゃありませんか!

こ、これは何か事件の予感が!?


今年の夏ガス漏れ疑惑事件があったうちのアパート。
確かに怪しい人がいるんだよなぁと思いつつも、また何か事件が起こったのではないかと思って、警察の人に聞いてみました。

全部で3人いて、ボス1、手下2って感じで、
ボス・・・現場と管轄署との無線・指示役
手下A・・現場の調査
手下B・・現場の調査

みたいな構成で、ボスは40代後半~50代前半って感じかなぁ。
ベテランオーラが出てましたね。


まぁ何事かと思って聞いてみました。

あきき「あの、どうかしたんですか?」
手下A「このアパートの205号室ってここですか?」

このアパートに住んで長いので知っていたので

あきき「そうですよー。そこ1戸しかないはずです」
手下A「ボス、205号室はそこの部屋しかないそうです」

いや、この距離で話したらボス聞いてるだろ・・・・。と思いつつ

ボス「えー。○○・・・・。」  ←無線を使って連絡

・・・。

ボス「了解」


な、何が了解なんだ!?


ボス「ここって、A棟?B棟ってありますかね?」
あきき「A、Bじゃなくて1号棟2号棟ですねー」

確認するボス、再び無線連絡。

ボス「えー。○○・・・・。」

・・・。

ボス「了解」
ボス「1丁目の方だ」



ちょwwww いろいろ聞いておいて丁目違うんかい!
(どうも同じ建物名が別のエリアにあるらしい)


手下Aがどうもありがとう?ってことで、寄ってきました。

がしかーし!



手元には怪しげなリングで留められた紙の束を持っているじゃありませんか!


そこには住所が書いてあって、住んでいる人の名前、生年月日、連絡先 を記入する欄が!


イヤな予感・・・・。


手下A「あの、失礼ですが学生さんでいらっしゃいますか?」

うぉ!!学生ktkr!!!!!
と思いつつも、まだ若く見られるんだ!ってことに感動(爆)


あきき「いえ、社会人ですが・・・・」

手下A「では、あなたのお名前と生年月日、緊急連絡先を教えてください」



ちょwwwwww


内心断りたかったんですが、なんせ相手は警察。
逃げるとそれはそれで面倒なことになるので、素直に答えることに。

いろいろ丁寧に教えたら

手下A「ごめんねぇ。お巡りさん忙しくて本当は全戸回りたいんだけど、時間が無くてねぇ・・・」


そりゃそうだ。
普通連絡先なんて大家に聞けば分かるんだし、誰が住んでるのかなんて区役所に行けば分かる。
なぜそんなことを、いちち回って聞いてるのか不思議でならないわけだが(笑)


しかし不信人物じゃなくてよかったわぁーw
容疑者扱いで職務質問キターではなくて、捜査に協力してくれた人として職務質問まがいなことは初めての経験でしたねー。



友達にその話をしたら


ネタの神降臨


ちげぇーーーーーYO!wwwwwww




指紋があちらの手にあるので、悪いことは出来ないなぁと思ったあききでした。
(言っておくけど前科はないからね!)

でぁでぁ~。
スカッとゴルフパンヤ| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック